読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arimaria39’s blog

徒然なるままに 健康・経営・所感・学びを書き連ねます!

本当にそいつが偉いのか?〜最初・発見・1番・リーダーシップ・モメンタム・ファーストペンギン〜

最初にやったヤツが1番偉い。

f:id:arimaria39:20160607220757j:image

よく聞く表現ですが…

果たして真実か?

ビジネス表現で

ファーストペンギン

という言葉があります。

最初に海に飛び込んだペンギンが偉いのだと。

果たしてそうなのか?

答えはNO。

身近な例で言うと

セブンカフェ

1番最後に出したのがセブンイレブン

PayPalも最後…

最後…

そう。

ビジネスにおいては。
ファーストペンギンが偉いのではなく

ラストペンギンこそが市場を勝ち取る勝者になり得る。

ここに面白い動画がある。

今までのリーダーシップに
1つの疑問を投げかける短いが
インパクトのある動画だ。


この動画で評価されているのは、
最初に行動を起こしたリーダーではなく、

二番目に行動を起こしたリーダーだ。

最初に行動を起こすのは
ある意味で英雄的である。

それを評価しながらも、
市場が臨界点を越えるタイミングを
見極め飛び込む。

さらにその市場を勝ち取る。

これから、どんな市場が伸びるのか?

人工知能が恐ろしい未来を現実のものにしそうな昨今。

10年後、20年後には半分近くの仕事が無くなる。
野村総合研究所のレポートにも出ている。

10年後も20年後も変わらずに残る仕事は何か?

人がいる限り、
食と農と健康は残るだろう。

この3つとも侵されている現状が哀しい。

そういった所にビジネスの大きな波があるのかもしれない。

最初にその波に乗る人が偉いのではない。

その波に上手く乗り切った人が偉いのだ。

波を待ちながら。

準備を重ねる。

いつの時代もそんな人が時代を作って来たと思う。