読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arimaria39’s blog

徒然なるままに 健康・経営・所感・学びを書き連ねます!

デトックス11日目〜書くこと・月が綺麗・夏目漱石・断捨離・愛するということ・ジェンダー〜

おひさしぶりです。

 

毎日書こうと思ったんですが…

 

めんどくさくなったので辞めました。笑

 

まあ、55日も書き続けたので…良いかなと。

 

また思うままに書くようにします。

 

でもでも、デトックスをしていると本当に感性が良くなります。

普段は思わない事も思ったり…

 

最近、夏目漱石の話で…

 

f:id:arimaria39:20160714203214j:image

 

I love you  を訳そうとした弟子が

 

「我、君を愛する。」

 

と訳そうとしたところ

 

君、そんな風には訳さず

 

「月が綺麗だね。」

 

とでも訳しておきなさい。

 

と言ったそうだ。

 

f:id:arimaria39:20160714203337j:image

 

こんな感じ…

 

最初は良く分からなかった…

 

はて?

 

どう言う意味だ?

 

でもね、永六輔さんの言葉とかで

思った訳ですよ。

 

日本にはそもそも

 

愛している。

 

って言葉はない。

 

僕が思うのは、

日本の愛は、

 

大切な人と

 

共にする。

共有、共感する。

 

ということだと思う。

 

月を愛でる

 

そんな日常の一コマに感性を働かせ

美しいと思う。

 

そんな日常の一コマに共感を重ねる。

 

動物学的にも脳科学的にも恋愛感情はもって3年。

(恋愛は脳の異常状態)

 

君がいると、月がより美しく見える。

 

そんな軽薄な愛ではなく、静かな日常の美しさ、幸せに気付く感性と共感性。

 

そんな静かな幸せを大切な人と共有する。

 

相手にも体験させたい。

 

相手と共に体験したい。

 

そう思えることこそ愛なのではないか?

 

だからこそ、夏目漱石先生は

 

月が綺麗だね

 

と訳したのではないでしょうか?

 

愛にももちろん色んな形があります。

 

生前退位が今、話題ですが

陛下ほど、国民を愛し慈しむ方はいないでしょう。

 

陛下は、お言葉こそかけられるにしろ

行動で国民を愛し慈しむ事を示されます。

 

例えば…

3.11以降、どれほど暑い日でもエアコンはつけず扇風機のみで涼を取られるそう。

 

原発の問題もそうですが、仮設住居に住まわれる方を思ってのことだそうです。

 

また、常に国民の健康を四方拝という神事で祈って頂いています。

 

これは、辛苦を共にする。というご行為。

 

愛にも色んな形がある。

 

共通点はなんでしょうか?

 

僕は、共にする。

 

これこそ愛の形だと思いました。

 

今日も月が綺麗です。

 

泣いたり

 

笑ったり

 

美味しいモノを食べたり

 

美しい景色を見たり

 

それを誰かと共感共有したい。

 

そう思えたとき、ジェンダーを超えた

愛を自分の中に持っているのかもしれない…

 

f:id:arimaria39:20160714204944j:image

 

そう。

 

本当の愛は性別を越えたもの

 

本当の愛は静かなもの

 

本当の愛は日常にありふれたもの

 

本当の愛は分かち合う、共有共感するもの

 

そんな風に月を愛でて思いました。

 

うん。最近はどうかしてるな。笑